音響と映像のスペシャリストが集まるSSR(エス・エス・アール)株式会社
SSRは皆様の心に響くSOUNDをお届けいたします

SSRの考える音響とは
音響と映像はSSRにmakasero! 045-812-0033
  • SSRへのお問い合わせ
  • SSRの音響・映像施工事例
  • フィットネス・スポーツジム 音響・映像施工事例
  • 医療機関/教育機関/企業 音響・映像施工事例
  • ブライダル/HALL/旅館/HOTEL 音響・映像施工事例
  • DISCO/CLUB/LiveHouse 音響・映像施工事例
  • 神社仏閣/教会 音響・映像施工事例
  • レストラン/商業施設/ナイトレジャー/アミューズメント/その他 音響・映像施工事例
  • SSRのこれまでの歩み
  • SSRの歴史「メディア編」
  • SSRの歴史「製品編」
  • SSRの歴史「施工編」
  • SSRの歴史「受賞歴」
  • SSRのネットワーク&協力会社一覧
  • 全国どこでも対応! SSRのネットワーク
  • SSRのスペシャルコンテンツ
  • ステージ一体型ダンススクールの音づくり
  • SSRの考える音響とは

投稿者: 町野眞貴


久々にこの方々との会合です。 そう弊社の今のWEBサイトを立ち上げていただいた「ccdn」さんの方々です。いつも本当に御世話になっております! 振り返るとサイトを公開してから約3年ではありますが本当に有意義な作品であるとの実感がヒシヒシと感じております。 サイトをご覧になった多くの方々からの問い合わせが定期的に絶えることなくいただけるようになりました。 やったことがこんなにすぐに結果となって現れることなどなかなか無いと思われるご時世にこのような結果を導いていただいた「ccdn」さんに本当に感謝感謝です。 「ccdn」さんはいろいろ制作会社をまわった私が一発で気に入った会社です。弊社とのフィーリングが合ったと言いますか、この世に於いての企業の在り方、考え方が見事に合致しているところのに魅かれまして、結果それが間違っていなかったのです。 とことん御客様目線+プロそしてのプライドを惜しみなく訴えてくる、そのような姿勢で最後までやり上げてくれました。 業界違えど、学ぶべきこと多き素晴らしい企業です!
今回の会合は久々の懇親会+私の第一子の誕生を祝ってくれたものです。 二人が持っているのが誕生した我が子へのありがたい贈り物です。
ご報告遅れましたが、2015.1.21 元気な元気な女の子を授かることができました。 新たに新米御父さんという立場をいただきましたのでこれよりその身分をもきちんと全うしていきたいと思います。 名前は梨花 りんか です。 どうぞよろしくお願いします!
「ccdn」さん、今後とも良いお付き合いをしていきましょうね!!

 

投稿者: 町野眞貴

SSR大新年会 

今年もやって参りました新年早々の大新年会! 今年も多くの参加者と心ひとつ一体和となり大いに盛り上がることができ、新年の幕開けにふさわしい有意義な時間とすることができました。
物理的公共機関の終わりの前に既に20名以上が帰られた後の記念写真です。
結果今年もいや~!盛り上がりました!! でも実はこの写真でわかるように常に真ん中で写っているはずの弊社社長が今年はなんと不参加という事態が起こっていました。その理由についてはそのうち自ら報告があるやもしれませんが、今年はそのようなことで私共だけで新年会を進行することになったのですが、終わってしまえば何のことはない、社長不参加ということが微塵にも感じられないほどの充実感でともすれば社長の分も楽しんでしまったかのごとくの時間でした。  こんなときがいつかは来ることを予測してたんでしょうかね・・・。 急遽何を教わる必要もなくいつの間にか何でもこちらで対応できるくらいに成長させえてもらっていたんですね。 これぞまさに伝統の継承です。 人間の歴史ってこんなことで大切な伝統を引き継いで行くのでしょうね。 後世に残すべきことはきちんと伝え、それをきちんと受けていくこと、そしてそれに対しさらに磨きをかけてまたそれを伝えて行くこと・・・言葉で言えば簡単なことですがそれは決して簡単なことではなく、そう感じてそのように行動していって初めて実現する大切なことです。少なくとも私を含め弊社スタッフはその意義を重々理解していますし、その思いで来年ももっと有意義なものにしたいと考えています。   というわけで何の問題なく行えますので来年から社長もゲストの一人としてご招待したいと思います。

「季節を分ける」今日は節分です。 弊社は毎年大声をあげ豆撒きを行っています。1年の節目であるこの日にきちんとその行を行い心身を清め次節を迎える、このことも大切な行事であり毎年欠かさず行っているSSR年間際重要行事と位置付けております。